AGA(FAGA)の治療

女性に引き起こされるAGA(FAGA)は、ストレスをためない、誤った方法でダイエットを行なわない、生活習慣を改善するなどといった方法で、ある程度は予防することが可能ですが、女性ホルモンの分泌低下は加齢によって顕著にみられる問題であるため、AGAの発症を食い止めることができないケースがあります。その場合には一度、クリニックを受診してみてはいかがでしょうか。いまはAGAを専門として治療を行なっているクリニックまであります。

注射治療方法はクリニックによって異なりますが、主なものの一つとしては「メソセラピー」をあげることが可能です。これはミノキシジル、パントスチンといった発毛促進効果が期待できるものを直接頭皮に注入する方法です。このほか、IGF-1(インスリン様成長因子)、bFGF(繊維芽細胞成長因子)、VEGF(血管内皮成長因子)という名称の「成長因子」を頭皮に注入することにより、発毛効果を狙う治療方法も存在します。

頭皮に注入する治療方法以外のものとしては、内服薬や外用薬を処方してもらって、それらを使って治療を進めていくケースが挙げられます。なお、内服薬は飲み薬のことで、外用薬は塗り薬のことを指します。しかし、従来の薬品や錠剤では男性のみに効果が認められ、女性には副作用を誘発する可能性があったようで使用ができないケースもあります。前述した成長因子を頭皮に注入する方法で「HARG療法」という治療法を行っているAGA専門クリニックがありますが、この治療法であれば人間の組織である肝細胞が元になっているので女性にも効果が認められる治療法となっています。

参考_aga治療|水戸中央クリニック(福島)

AGA(FAGA)の原因

肌の低下女性に起こるAGA(FAGA)の原因ですが、まず男性ホルモンと女性ホルモンの髪に対しての役割を把握しておくことが大切です。男性ホルモンの一種であるテストステロンは髪が抜けることに影響をおよぼしているのに対し、女性ホルモンの一種であるエストロゲンには髪を育むという役割があります。

また、エストロゲンには髪の生えかわりのサイクルを伸ばす役割もあります。女性ホルモンが盛んに出ている若い女性は男性ホルモンのテストステロン濃度が男性の約5パーセントと低いため、髪への影響は大きくありません。また、女性ホルモンのエストロゲンによって髪の生えかわりサイクルが長くなっているため、髪が抜けたり薄くなったりしたとしても、進行は非常に遅く、深刻な状態にまではおちいりません。

しかしながら、女性ホルモンの分泌は年齢の高まりとともに低下します。35歳あたりで分泌の低下がはじまる人もいて、男性ホルモンの影響を強く受けるようになり、AGAが引き起こされる仕組みが成立しやすくなってしまいます。また、年齢の高まりだけでなくストレスや無理なダイエット、悪い生活習慣などによっても女性ホルモンの分泌低下が起こるとされており、AGA発症の原因にもなってしまいます。

AGA(FAGA)の症状

ハゲてきた男性に引き起こされるAGAと、女性に起こるAGA(FAGA)は、引き起こされてしまう症状に違いがあります。まず、男性のAGAの場合には、頭のてっぺんとおでこの生え際などが局所的に薄くなっていくのが特徴です。男性に引き起こされるAGAは進行性であり、ほうっておくとどんどん髪が薄くなっていってしまい、完全に髪がなくなってしまいます。これに対し、女性にはどのような症状が引き起こされてしまうのでしょうか?

この疑問に対する回答ですが、女性に引き起こされるAGAの場合には、頭のてっぺんやおでこの生え際のように、局所的に髪が異常に抜けたり薄くなったりするようなことはありません。頭髪が全体的に細く弱くなってしまい、全体的に薄い見た目になってしまうことが多いというのが特徴です。

なお、まれに女性であっても頭のてっぺんやおでこの生え際が薄くなるケースはあります。ただし、女性に引き起こされてしまうAGAの場合には、頭髪全体が薄くなることはありますが、男性に起こるAGAのように完全に髪がなくなることはほとんどありません。また、男性に引き起こされてしまうAGAは、すでに述べたとおり進行性ですが、女性に起こるAGAの場合はそうした傾向が少ないというのも特徴の一つといえるでしょう。

女性のAGAとは何か

Androgenetic Alopecia=AGAは男性型脱毛症ともいって、男性ホルモンの影響が強い脱毛症です。特徴には違いはあるものの、女性に引き起こされる可能性もあり、女性に起こってしまった場合には女性男性型脱毛症(FAGA=FemaleAGA)として区別されることがあります。

気になるAGAが引き起こされる仕組みを解説しますが、血液中を流れる男性ホルモンの一種であるテストステロンが、毛根に存在する毛乳頭に入ると変換酵素の5α(アルファ)リダクターゼによって別の男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に姿を変えます。そしてDHTが毛母細胞に入り込むことにより、細胞分裂が盛んに行なわれない状態になり、発毛が阻害されてしまいます。さらにヘアサイクルに狂いが生じてしまって成長期が短くなり、髪が太く長く育つ前に抜け落ちてしまいます。テストステロンが入り込むかは男性ホルモンの受容体があるかによります。なお、受容体があるかどうかは遺伝の影響によるという見方がされています。

なぜ男性ホルモンの影響が大きいAGAが女性に起こるのか、疑問に感じた人もいるでしょうが、女性にも男性ホルモンはあります。当サイトでは女性がAGA(FAGA)を引き起こしてしまう原因のほか、女性のAGA症状はどのように出てくるのか、どういう治療法があるのかを別のページにまとめています。髪が抜けたり薄くなったりということが気になりだした人は、一度内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。もしかするとFAGAを起こしているかもしれません。