女性のAGAとは何か

Androgenetic Alopecia=AGAは男性型脱毛症ともいって、男性ホルモンの影響が強い脱毛症です。特徴には違いはあるものの、女性に引き起こされる可能性もあり、女性に起こってしまった場合には女性男性型脱毛症(FAGA=FemaleAGA)として区別されることがあります。

AGAが引き起こされる仕組みを解説しますが、血液中を流れる男性ホルモンの一種であるテストステロンが、毛根に存在する毛乳頭に入ると変換酵素の5α(アルファ)リダクターゼによって別の男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に姿を変えます。そしてDHTが毛母細胞に入り込むことにより、細胞分裂が盛んに行なわれない状態になり、発毛が阻害されてしまいます。さらにヘアサイクルに狂いが生じてしまって成長期が短くなり、髪が太く長く育つ前に抜け落ちてしまいます。テストステロンが入り込むかは男性ホルモンの受容体があるかによります。なお、受容体があるかどうかは遺伝の影響によるという見方がされています。

なぜ男性ホルモンの影響が大きいAGAが女性に起こるのか、疑問に感じた人もいるでしょうが、女性にも男性ホルモンはあります。当サイトでは女性がFAGAを引き起こしてしまう原因のほか、女性のAGAの場合にはどのような症状が出てくるのか、どういう治療法があるのかを別のページにまとめています。髪が抜けたり薄くなったりということが気になりだした人は、一度内容をチェックしてみてはいかがでしょうか。もしかするとFAGAを起こしているかもしれません。