AGA(FAGA)の治療

女性に引き起こされるAGA(FAGA)は、ストレスをためない、誤った方法でダイエットを行なわない、生活習慣を改善するなどといった方法で、ある程度は予防することが可能ですが、女性ホルモンの分泌低下は加齢によって顕著にみられる問題であるため、AGAの発症を食い止めることができないケースがあります。その場合には一度、クリニックを受診してみてはいかがでしょうか。いまはAGAを専門として治療を行なっているクリニックまであります。

注射治療方法はクリニックによって異なりますが、主なものの一つとしては「メソセラピー」をあげることが可能です。これはミノキシジル、パントスチンといった発毛促進効果が期待できるものを直接頭皮に注入する方法です。このほか、IGF-1(インスリン様成長因子)、bFGF(繊維芽細胞成長因子)、VEGF(血管内皮成長因子)という名称の「成長因子」を頭皮に注入することにより、発毛効果を狙う治療方法も存在します。

頭皮に注入する治療方法以外のものとしては、内服薬や外用薬を処方してもらって、それらを使って治療を進めていくケースが挙げられます。なお、内服薬は飲み薬のことで、外用薬は塗り薬のことを指します。しかし、従来の薬品や錠剤では男性のみに効果が認められ、女性には副作用を誘発する可能性があったようで使用ができないケースもあります。前述した成長因子を頭皮に注入する方法で「HARG療法」という治療法を行っているAGA専門クリニックがありますが、この治療法であれば人間の組織である肝細胞が元になっているので女性にも効果が認められる治療法となっています。

参考_aga治療|水戸中央クリニック(福島)